風の口笛



<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


川越奏和奏友会吹奏楽団 第36回定期演奏会「カルミナ・ブラーナ」

昨日の演奏会は川越奏和奏友会吹奏楽団の定期演奏会。私達の合唱団にお声がかかり「カルミナ・ブラーナ」を歌わせていただきました。吹奏楽コンクールで金賞・銀賞を何度も勝ち取られている吹奏楽団、さすが!!というのは失礼なのかもしれませんが、素晴らしい技能をおもちの皆さんでした。

中学、高校とブラスに燃えた私としては、先週のバンド合わせからリハーサル&本番と懐かしく切なくワクワクすることもたくさんありました。あのままブラスの世界にいたら私はどうなっていたかしら?


合唱団としてブラスで「カルミナ・ブラーナ」を歌うのは初めてのことでいろいろ不安はありましたが、ピッチが判りやすく合わせやすい分、歌いやすいと感じる部分はありました。

、、、なんてね、、、しかし、今回は私の練習が追いつかず、指揮者について行くのが精一杯で途中気持ちが入らない部分もあり反省。もっと全身(心)に音楽が入っていれば、惑わされずに歌えたのか?

テノールの高橋淳さんの白鳥のミジメっぷり、バリトンの萩原潤さんの酔っ払いっぷり、ソプラノの秋吉先生の美女っぷり、、、素敵でした。ああいうふうに音楽の中で自由になれたら幸せだなあ、、、。もちろんご本人達にとってはそんな楽なことではないと思うのですが、聴衆に「いいなあ~」って思わせられるのがプロですよね。


自分の中に満ちるものはやや足りなかったものの、この日歌える精一杯は歌いました。
音や楽譜はゴールじゃなくて、、、何を伝えたいのか、何を表現したいのか、そこを探るためのもの。
だから、自分の心とか感性は常に磨き続けなくちゃいけないんだ、と改めて思った演奏会でした。
[PR]
by season_air314 | 2012-04-30 21:30 | 音楽

おあずけ^o^/

昨日は合唱の本番がありました。(それについては、また後ほど)
会場に行く途中、、、
d0149306_9223341.jpg
ズン!!

d0149306_9234618.jpg
ズン、ズン!!

タケノコです。市役所前の歩道の脇。地面のエネルギーに突き上げられるように、あちこちに顔を出していました。
このタケノコは誰のもの?市長さんが収穫してもクレームが来そうだし、、、。「市民のもの?」そうだとすれば、1つ、2つ誰かが掘っていったらしい跡も許されるのかしら?(笑)それにしても、ほとんどのタケノコは手をつけられることなく見守られています。日本人って穏やかだな、、、と思いました。

d0149306_927118.jpg
でもきっと多くの人はこの道を通りながら「おいしそう!!」^o^/と思っているに違いありません(笑)
[PR]
by season_air314 | 2012-04-30 09:38 | 日々思うこと

歩いていこう

新年度がスタートして1ヶ月。
職場を去ったメンバーと新しく迎えたメンバーと時をともにしました。
「嫌なことがあっても3年間は頑張るんだよ」と先輩に励まされて着任した私も6年目。気がつけば職場で2番目に古い世代です^^;

あたたかい仲間に迎えられ、何かと声をかけて貰って自分の居場所を見つけ、少しずつ「やっていけそう!!」と思わせて貰えた、、、そんな仲間や先輩をここ数年、送り続ける立場です。淋しいし不安になるし、、、それ以上に、数年前に私が貰った安心感や優しさを、新しく迎えた仲間たちは感じられているだろうか?自分がそういう気配りが出来ていないことに「至らない、、、」と感じます。器がちっちゃいなあ、、、(
泣)

新しい環境で1ヶ月、、、私のように職場が変わらなかったメンバーにとっても、人事が変わった以上ある意味「新しい環境」。それぞれに過ごして、いろんなことを話して自分の新しい一歩とそれぞれの歩き出す方向を確かめる、、、昨日はそんな日だったかな?

「またいつかどこかで、、、」「会えなくなっても、、、」みたいな言葉が交わされていたけれど、、、
いつかの日記に書いたかしら?
・・・人は一度出会ってしまったら、二度と別れることはできない・・・
って何かの小説にありました。その人に出会ったことは、私の人生から消えることはないし会えなくなっても「どうしているかな?」と気持ちを馳せることはことあるごとにあるはず、、、。
「二度と別れることはできない」からこそ、別れのセレモニーが必要なんだと思いました。それぞれにしっかりと「歩いていこう」と。それが次の出会いや再会のために大切なことなんだ、、、と。

今日は久々に自分が自由に時間を使えるオフでした。
d0149306_21124784.jpg
ちょっと汗ばむくらいのいいお天気。買い物がてら地元の町をお散歩して、、、お花を買いました。ガーベラの黄色が元気です!!部屋にお花があるとやっぱり嬉しくなります。

春だもの!
「歩いていこう!!」
自分の道を♪
[PR]
by season_air314 | 2012-04-28 21:16 | 日々思うこと

小諸なる古城のほとり~動物園~

子どもの頃よく連れて行って貰った懐古園の動物園。私の子どもの頃は象もいたっけ、、、。
自分が小さかったから広く感じたのか、大きくなったから狭く感じるのか解りませんが、、、それでも、「まだあるんだ~」って、いつも懐かしい気持ちになります。

d0149306_23434270.jpg
今回も 立派なライオンがいたし、、、

d0149306_23452299.jpg
夕方寒くなってきたのでペンギンたちにはちょうど良かったのかも?

d0149306_23472972.jpg
丸太を振り回すクマさん。暴れていて「恐いなあ、、、」と思う反面、何か思い通りにならないのかな、、、ってかわいそうに思ったりして、、、。もしかしたら、何故かはしゃいでいただけだったのかもしれないけれど。

それにしても、、、お城の跡には動物がいる確率が高い気がするのは気のせいかしら?
[PR]
by season_air314 | 2012-04-24 23:51 | 旅行

小諸なる古城のほとり~懐古園~

東京に戻る前に、久々立ち寄りました。
「懐古園」には遊園地があって、小さい頃よく連れてきて貰いました。何故「懐古園」と言うかも知らず、遊園地と動物園があるから「行きたい場所」だったんですよね。
d0149306_82328.jpg
公園の入口になる三の門。国の重要文化財だそうです。

d0149306_862584.jpg
今回、公園に入る前に「小諸義塾記念館」というところに行ってみました。塾長木村氏の「人を育てる」志に感動。学問も芸術もよりよい「生き方」のためにある、、、と思いました。写真は小諸義塾で教鞭を執った島崎藤村の「惜別の歌」の歌碑。

d0149306_813499.jpg
懐古園の中は石垣がたくさん残って、何故か心が落ち着きます。ピンクの提灯も下がってお花見の準備万端のですが、、、桜はやっぱりまだみたい^^;この日も夕方になって少し冷えてきました。

d0149306_819256.jpg
藤村の「千曲川旅情のうた」の詩碑。藤村自筆のものだそうです。公園内の藤村記念館にも行ってきました。そろそろ本当に島崎藤村を読んでみるべきでしょうか、、、

d0149306_827259.jpg
展望台から見える千曲川。留まる水は無いのに流れが常にある、、、って何だか不思議な気がします。

久し振りに訪れて、、、もちろんいろいろなリニューアルがあったにしても、知らないところや見ていないところがまだまだありました。季節をかえて、また行ってみたいと思います。
[PR]
by season_air314 | 2012-04-22 08:34 | 旅行

茨城牧場長野支場

実家の近くの、かつては「種畜牧場」と呼ばれていた牧場に行ってきました。小学校1年生の春の遠足はここでした。浅間山が美しく見えたり、白樺の並木があったり、、、なかなかに素敵なところです。
d0149306_23252385.jpg
仲むつまじい山羊を観て癒され、、、(笑)

あ、そうそう門から中へ続く桜並木。
d0149306_23274830.jpg
予想はしていましたが、桜はまだつぼみ硬く、、、。ここがピンクに彩られたら美しいですよね?ここにはこれから春が来ます♪
[PR]
by season_air314 | 2012-04-18 23:31 | 旅行

実家にて

先週末、バタバタと帰省してきました。
土曜は仕事の後、雨の中、、、。

実家に着いたら、母曰く「お父さんが今回は俺が『お酒担当だ』って日本酒買って来たのよ」って。
期待の1本♪
d0149306_22191164.jpg
須坂にある遠藤酒造という酒蔵の「朝しぼり」。このお酒について父がいろいろ話していたけれど、、、美味しかったので細かいことはあまりインプットする気がなかったのか(笑)、ここに書けるほどはちゃんと覚えていません、ごめんなさい(笑)でも「選ばれた味」というか、「美味しい!!」の、ど真ん中を来る感じでした!!

そして、まあついでと言っては何ですが、定番の手巻き寿司
d0149306_22252239.jpg
手巻き寿司とビールの両立って難しい^^;今回はいろいろと話題豊富で話す方も忙しく、思ったほど食べられなかったのが残念。苦しいくらいにお腹はいっぱいだったんですが、、、。やっぱりこれからは弟家族が一緒の時がいいのかな?なんて思ったりしました。
[PR]
by season_air314 | 2012-04-18 22:30 | お酒

そう言えば、、、

4月のサボテンをアップしていませんでした。新年度が始まり、今まで以上にほったらかし^^;
でもね、、、
d0149306_2237415.jpg
サボテンたちは偉いから、変わりなく元気なんです。育っているというよりはそこに「いる」っていう感じなのですが、、、。

いくつかの作業を同時進行したり、1分1秒を争う勢いで仕事をしたりしている最近の自分と比べ、、、この子達はどんな風に時間を感じているんだろう?と思います。何週間もお水を貰えなかったり、日差しを浴びることが出来なかったりしても、ダメになったり沈んだりしない、、、。そもそも寿命が違うから時間のスケールが違うのかもしれないけれど。

すごいな、、、。
[PR]
by season_air314 | 2012-04-11 22:48 | サボテン

毎年、この時期に咲く花を「同じ時期に咲くってすごいね」と言った人がいました。確かに、、、。
どんな年でも、この季節に咲こうとする、、、。

去年の桜は、どんなことがあっても「変わらず季節は廻る」ということを教えてくれました。そしてその季節を迎えられる有り難さ、、、。
今年の桜は、、、「来年も同じような気持ちで、この花を見られますように、、、。」と思います。

帰り道、、、
d0149306_22574094.jpg
ずっと1枚撮りたかった1枚。風があって枝が揺れたので、やっぱりぶれてしまったけれど、、、。雪を被ったように白く浮かび上がる夜桜って本当に神秘的だと思います。日本の春の誇れる色彩。
[PR]
by season_air314 | 2012-04-10 23:00 | 日々思うこと

劇団四季「ライオンキング」

以前に観たのは3年くらい前でしょうか?多分5回目の観劇だと思います。
久し振りにパワーを貰いたくて、同僚6名を誘って行ってきました。

どのキャストも素晴らしかったのですが、今回はヤングの二人の声が合っていて聴きやすかったのと、大きくなってからのナラのまっすぐな感じが好きでした。

セリフや演出も少しずつ変わっていました。大分直接的でわかりやすくなっている部分もありました。大きなテーマの作品なので、多くの人がいろんな視線でいろんな感じ方で楽しめる要素があるのだと思います。なので、1回で全部わからなくても、何回か観て「あ~、そうだったの?」と気付く部分は残してほしいと思いました。何度も観たくなる魅力はそこにあるんですものね。

今回は初めて2階席から観劇しました。いつも初めて観る友達や仲間と一緒に行っていたので、1階席を取ることが多かったのです。2階席は思っていたよりも舞台に近くて、当然ながら視線の違う景色を楽しむことが出来ました。スケールの大きさはやはり「さすが!」です。両手を思いっきりひろげたり、まっすぐ立って遠くを見据えたり、、、そういう感覚っていつももっていたい。


3年前に観た時にはまだ生のオーケストラの演奏でしたが、レコーディングされたものにパーカッションの一部が生というスタイルに変わっていました。やはり、音の聞こえ方に解け合わないところがあって少し残念。でも、いろいろに工面が必要なことだし、仕方がないのかな?と深く考えないことにしました(笑)
[PR]
by season_air314 | 2012-04-09 23:31 | 音楽


モナが日々感じていること、周りの出来事を口笛を吹くように綴っていきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30