風の口笛



<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


妻籠宿

寝覚ノ床を後にして、妻籠宿へ。

d0149306_1813337.jpg
お昼に俵屋里久というお店でいただいた「冷山きのこ山菜そば」

d0149306_1817323.jpg
完食して散策に出発しました「ごちそうさま^^」


d0149306_18184951.jpg
水車って「視覚的タイムマシーン」の1つだと思います。ずっとこれを見て育ってきた気分になるのです。

d0149306_1821189.jpg
脇本陣奥谷。建物の中の柱が立派で迫力がありました。明治天皇が休憩されたという場所。宿場の中心となってきた重みを感じます。縁側や窓から見える山々も緑が深くなり美しかったです。

d0149306_1826452.jpg
伝統家屋が保存されている寺下地区。和服で歩いてみたくなりました。江戸の頃から秋になるとこんな空だったのかな?
[PR]
by season_air314 | 2011-09-28 23:49 | 旅行

寝覚ノ床

小学生の頃、毎年夏に家族旅行をしていた時、いつも列車の窓から見ていました。浦島太郎伝説の場所、、、本当かなと思いつつ、いつか近くまで行ってみたいと思っていたのがやっと実現です。

d0149306_14523338.jpg
この池に映る自分の姿を見て、、、どうやら「浦島太郎」のモデルになるような人は存在したみたいです。権力の盛衰の激しい時代でしたから。

d0149306_14572494.jpg
寝覚ノ床へ下りる道はこんな感じ。右側には日よけ用の竹を育てているそうです。ナイスアイディア♪

d0149306_1513393.jpg
石も流れもきれいです。もう少し近くまで行きたかったのに、私が靴を選択ミスしたため断念。

d0149306_155552.jpg
大きな亀岩。でもなかなか亀に見えるように写真を撮るのは難しかったです。

d0149306_157566.jpg
ちなみに亀さんの「後ろ姿」。2枚合わせて想像してください(笑)

d0149306_1583086.jpg
少し上から撮り直してみました。心が洗われるような美しさ。ずっといても飽きない場所です。

d0149306_15102222.jpg
おまけに。入口近くのお蕎麦屋さんの宣伝でしょうか?名だたる方々ですが「各国諸大名」ってかなりザックリくくりましたね(笑)
[PR]
by season_air314 | 2011-09-27 00:07 | 旅行

馬籠宿

中山道馬籠宿。早速テンションが上がりますが、この日はお昼を食べ損ねていたのでまずは腹ごしらえです。
d0149306_8481253.jpg
山菜そば。長野や松本で食べたお蕎麦は透き通るように細くてつるんとしていましたが、南信は少し違うのかな?そば粉が主張してくる感じでした(笑)

d0149306_8515974.jpg
今は多くの人が観光で訪れていますが、かつては様々な思いを背負った人たちが行き交っていたんだなあ、と思うと無限の想像が広がります。

d0149306_8561736.jpg
落ち着いた街の色と石畳。急に秋を感じるようになった空や風も、、、。

d0149306_913259.jpg
勢いよくまわる水車。水力発電をしているそうですが、、、それはやや後付け(笑)でも宿場町らしいと言えばそんな感じです♪

d0149306_935451.jpg
本陣跡にある藤村記念館。島崎家は藤村だけでなく偉人が輩出されています。それにはやはりいろいろな意味での豊かさが無関係ではないと思いました。それなりに地位は得ながらも志と誇りをもって生きていく、、、美しいと思いました。
[PR]
by season_air314 | 2011-09-26 23:50 | 旅行

信州木曽路の旅

この三連休の前半、長野県の木曽に旅行しました。
木曽には高校生の時かな?家族と遊びに行きましたが、それ以来。
「大人になったらゆっくり来たいな」と思っていたところです。

馬籠宿~寝覚ノ床~妻籠宿とタイムトリップしたような街を楽しみました。

d0149306_1758939.jpg
妻籠宿のお店の軒先。誇らしげなヘチマに実りの季節を感じます。

d0149306_1804217.jpg
道端の瓶に無造作に活けられた(?)秋の花々。ヤキモチを焼いてしまうくらい風情があります。季節を感じるものが溢れているのですね。

d0149306_1835553.jpg
こちらもお宅の玄関先に。遊び心満載の「秋」に時の流れを忘れました。
[PR]
by season_air314 | 2011-09-25 21:46 | 旅行

音楽の周りのこと

「音楽」って広くて深くて、一言ではなかなかいろいろ言い尽くせないけれど、、、。

ジャンルや形や音楽との距離感はそれぞれで、一番大事なのはその人がその人の好む形で音楽を楽しむことだと思います。きっとそれは、それこそ人の数だけの在り方があるんだろうな、って思います。

次に、音楽を他の人と楽しもうとしたり表現したりしようとする時に、客観性や主張やルールが必要になってくるんだろうな、、、って。それはある意味、その場を共有する人たちのニーズや演奏家のスタイルや場のスタンスで決まってくるものとも言えると思います。


自分に伝えたい音楽がある時、やっぱり正確に、、、というより、音楽の中に込められたものをなるべく沢山届けたいから、楽譜と向かい合ったり技能を磨いたりいろいろ調べたり、、、。


一方で、、、知識の量で感動は生まれない。偉そうにうんちくを並べるのは似合わないブランドを身につけているようなものです(そもそも、「うんちく」に聞こえてしまうこと自体がコミュニケーションとしてダメなんですよね。)
あ、私は「音楽談義」を否定している訳ではありませんよ、くれぐれも尊敬する先輩方のお話を伺ったり同じものを求める仲間と「あーでもない、こーでもない」と盛り上がったりするのは好きです。
ただ、これが成立するにはいくつかの条件がありますよね


素直に感動できるって素敵。
多くの人と感動を共有できるのも大事。
そのために、自分の感性は磨きたいし心は柔らかくもちたい。
でも、時に突き詰められる強さと厳しさとワガママも。
音楽の周りのこと、、、感謝を忘れず心地よくありたい。
[PR]
by season_air314 | 2011-09-18 09:43 | 音楽

お土産♪

夏休みが終わって、大分過ぎました。私の同僚には旅好きというか旅上手な方が多いです。この夏休みも満喫されたようで、、、お土産を沢山いただきました。「ありがとうございます^^」
そんな中の1つ。

d0149306_2112211.jpg
フィンランドのビールだそうです。500mlよりも少し多くて缶も少し長めだったんですよ。(この写真からでは解りませんが)北欧って確かビールが高いんですよね?しかもそれを空輸していただいて(笑)本当にすみません^^;
因みに、イタリアへ旅行した上司からもビールをお土産にいただきました。重たいのに、、、またまた、本当にすみません^o^/私に集まるお土産はビール率高いです(笑)
ええ、もちろん大歓迎です^^
[PR]
by season_air314 | 2011-09-17 21:09 | お酒

阿修羅

8月に京都に行った時、トロッコ電車を待ちながらやった「仏像のガチャガチャ」300円也(笑)
d0149306_1257419.jpg
「さすが京都ね」と、実は人生初のガチャガチャでした^^;その場では開けずにそのまま帰京。

d0149306_1254567.jpg
やっと組み立てた訳ですが、模様とかも細かく入っていてなかなか♪
そして阿修羅は美男ですね^^
[PR]
by season_air314 | 2011-09-17 13:00

1ヶ月半も^^;

伊豆シャボテン公園からサボテンを連れて帰り、速1ヶ月半です。
1ヶ月毎に様子を写真に納め、成長の様子をお知らせするつもりだったのですが、あっと言う間に1ヶ月よりも半月も過ぎてしまいました。

それはともかく、ウチのサボテンちゃん達です。
d0149306_2259228.jpg
1ヶ月前とほとんど変わっていません。そもそも身長?とか測っていないし、、、しかも今日も測ってしないし(笑)
手前のまん丸君のトゲが前よりも長く元気になった気がします。

ま、、、初回はそんなところかな?
[PR]
by season_air314 | 2011-09-13 23:00 | サボテン


モナが日々感じていること、周りの出来事を口笛を吹くように綴っていきます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30