風の口笛



<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ハロウィン♪

街がオレンジと黒と紫に飾られて約1ヶ月♪
今日はハロウィン☆

昔はこんなに騒がれなかったなあ、、、と思って、ちょっと雰囲気に乗れない自分もいるのですが、、、。
カボチャっぽいお菓子を買ったり、かわいらしいクッキーの詰め合わせを友達にプレゼントしたり、って私の楽しみ方はそんなもの^^;


明日には街のデコレーションは白と赤と緑と青と、、、、ってクリスマスカラーに変わるんだろうな、、、なんて。
[PR]
by season_air314 | 2010-10-31 21:52 | 日々思うこと

鯛兜の煮付け

以前に教えていただいて、しばらく作っていなかったのですが久々挑戦しました。
近くのスーパーで一匹分の頭が100円なんです!!


週末に行った日本酒のお店で食べたのがとてもおいしくて^^

一緒に行った同僚に
「私、これ練習するから!!」
と宣言しました(笑)

「練習でも食べに行くから!!」
と言ってくれた優しいお姉さん^^
励まし方がとっても素敵(笑)


そして、第1作目です。
d0149306_859323.jpg

今回はお鍋の並べ方を失敗しました。味はまあまあだと思いますが、もっとしっかり味をしみこませたかったな。修行します。
[PR]
by season_air314 | 2010-10-18 09:01 | マイレシピ

アラフォー

髪を切りに行きました。

美容院での美容師さんとの会話があまり得意ではないモナですが、今日は珍しく話してきました。
いつもお願いしている美容師さんが「僕今月アラフォーになりました。」と切り出し、、、(笑)

35歳でアラフォーってちょっと定義として私はシックリ来ないんだけど、ま、いっか。

例えば、、、
ファッションについて。
同じ服を着たら若い子には勝てない。じゃあどうしようか、って思うとやっぱりちょっと「落ち着き」をアピールしたくなる。

または
社会的な地位について。
周りから何を求められているのか、考えるようになる。

更に
「年齢に壁を作るのは若者の方だ」
相手が「アラフォー」と聞いて「あ、そうなんですか」で会話が止まってしまう。
年上の人の方が、自分が通ってきた道だからその辺、フランクに話してしまうのかも?

なんて。

以上美容師さんの話。

確かになあ、、、って思います。私もいろいろコメントしたのですが、、、。
自分の内面と外見などにギャップが生まれ、折り合いをつけようとする時期なのかもしれないです。
自分のことだけを考えていられない世代になっていくのかもしれないですね。
[PR]
by season_air314 | 2010-10-17 22:11 | モナの周りの人々

「もしドラ」

「もし高校野球の女子マネージャーが『ドラッカー』を読んだら」
以前に本屋さんに行った時に、横積みになっていたのを見て、、、

d0149306_10391542.jpg

先日なぜか上司からいただいて読みました。
マネジメントとかマネージャーとかって身の回りによく「ある」言葉だけれど、自分の仕事のイメージとはあまり結びつかずにいました。(実際今もそうなんじゃないかな、と思います)結びつかないけれど不要と言うことではなく、、、。

ウチの管理職の方々はこれをもとに、研修のようなことをしたみたいです。

読んでみて、、、、
とても読みやすくて引き込まれる面もありどんどん読み進めることができました。
実際はこんなにうまくいく?と思ったり現実的じゃないな、と思う部分もありました。でもマネジメントに関わるいろいろ難しい言葉が出てきても何となく意味がわかる気がしたり、わからなくても読み進めるにあたってあまり支障がなかったりしたからだと思います。
きっとこの本が読者に対して読みやすくマネジメントされているからだと思いました。


自分の周りにいる人に当てはまりそうなキャラクターが何人も登場するのも興味を惹く勝因かもしれません。いつか研修に行った企業が「人材」を敢えて「人財」と書いていました。組織において人の力が財産であるのは間違いないと思います。それをどう生かすかが課題だと思わない人もいないでしょう。そしてそれに苦労している人も多いと思います。深刻に考え過ぎずに息抜きをしながら「もしドラ」を開き、高校生と一緒に考えるのは楽しいかもしれません。
[PR]
by season_air314 | 2010-10-10 10:43 | 読書


モナが日々感じていること、周りの出来事を口笛を吹くように綴っていきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31