風の口笛



カテゴリ:旅行( 139 )


GW@駒ヶ根2015

今年も駒ヶ根の合唱仲間のお宅にお邪魔しました。美味しいお食事をいただいて、わいわい話して飲んで、、、

この仲間達と日付がかわっても飲んでいたなんて、いつ振りでしょうかね?
毎年笑顔で迎えてくださるこのご家族、温かくて嬉しいです。

d0149306_08413754.jpg
今年、こちらも花が咲くのが早くて、いつも満開の水仙や木蓮もいい時が過ぎてしまっていました。
帰りに寄った、寒天パパガーデンのチューリップもギリギリ色が残っていた感じでしたね。

d0149306_08450327.jpg
実家に向う途中に立ち寄った、お蕎麦屋さん。小諸の草笛は、家族連れで待つこと30分ほど。山菜蕎麦をいただきました。

d0149306_08481191.jpg
ちょっとお天気がイマイチなこの日でしたが、新緑の緑に爽やかな気分。

連休最終日まで、実家でゆっくりします(^^)



[PR]
by season_air314 | 2015-05-06 08:35 | 旅行

宝積山 光前寺

松本の家を後にしてみんなに合流する前に、駒ヶ根の光前寺に立ち寄りました。
以前にも来たことがあったのですが、時間も閉門間際でなんとなく気ぜわしかったんです。ゆっくりお参りしたいなあ、と思い急遽コースに挿入。

d0149306_22315438.jpg
参道には立派な杉並木。

d0149306_22342262.jpg
本堂。お寺っていいですね。心がすっと落ち着きます。何を背負っていても、それごと包まれる大きな静かな力。

d0149306_22374985.jpg
凛々しい三重塔。このお寺には地方に伝わる早太郎伝説の霊犬、早太郎のお墓があります。

d0149306_2240315.jpg
そして、こちらも有名な枝垂れ桜。

d0149306_2241476.jpg
参道の光苔も有名です。写真に上手に撮るのはむずかしかったので、雰囲気だけ(笑)。
[PR]
by season_air314 | 2015-05-05 22:46 | 旅行

箱根温泉旅行

新年度が始まって、あっという間に流れに飲み込まれていく、、、その前に^^
楽しかった旅行をアップしておきましょう♪

d0149306_1918112.jpg

朝6時前に出発したので、8時過ぎには芦ノ湖周辺に到着。どこも開園していないので、時間を待ちながらちょっと寄り道。公時神社はあの金太郎のモデルになった坂田公時を祀った神社だそうです。

d0149306_19184491.jpg
金太郎さんのまさかりまでちゃんとありましたよ(笑)

d0149306_19192114.jpg
朝の芦ノ湖。向こうの海賊船もまだ停泊中。穏やかな空でした。

d0149306_1921544.jpg
ボートの店番をするのはこの方達?朝のミーティング中?皆さんかなりの貫禄でした。

d0149306_19235574.jpg
箱根の関所に行きたい、と言う私のリクエストでコースに入れてもらいました。「入り鉄砲出女」などと歴史の授業を思い出しながら、、、

d0149306_19243579.jpg
急な階段を上がっていくと、芦ノ湖を見下ろせます。

d0149306_19254237.jpg
夜は、お宿で美味しいお料理とお酒をいただきました。ぎりぎりで予約したお宿だったので、超レトロ(笑)最初はいろいろ心配になりましたが、お料理もお風呂もよかったです。

d0149306_19262359.jpg
翌朝、お宿の前のしだれ桜が見頃。

d0149306_1927551.jpg
帰路についた道端のみかん屋さん。お店の中も外も黄色とオレンジでびっくり!!気持ちがパッと明るくなりました。
[PR]
by season_air314 | 2015-04-11 19:31 | 旅行

箱根湿生花園

もう2週間前の箱根旅行で立ち寄った箱根湿生花園。
2週間も経てば、きっともう咲いている花も変わってしまっていると思いますが、、、。

d0149306_8362052.jpg
水芭蕉が咲いていました。

d0149306_8382096.jpg
もう正しい名前を忘れてしまいました^^;マメザクラだったかな?花が小さい種類です。色が淡くてかわいらしくて素敵でした。

d0149306_8415350.jpg
よく一緒に旅行に行く人に言わせると「モナはこういう水の流れているところを写真に撮るのが好き」だそうです。確かに、、、。ここの水芭蕉も見事でした。

d0149306_8423975.jpg
まだまだ冷たい風に身をすくめるようにしているネコヤナギ。

d0149306_8434146.jpg
春を待つこういう景色も好きです。
季節を変えてまた訪ねてみたい場所です。
[PR]
by season_air314 | 2015-04-11 08:56 | 旅行

温泉@箱根

29,30日、元同僚レディース3人で「温泉でも行こう!!」と、箱根に行ってきました。
唯一ちょっとだけ気になっていたのは(?)、そのうち一人が筋金入りの雨女だったこと。
数日前から週間天気予報にも雨マークが付き^^;
雨の様子を見つついけるところまで楽しもう、、、という苦笑いの旅。

朝6時前にお迎えに来てもらい、ドライブスタート。

d0149306_711541.jpg
7時過ぎ、高速から富士山がきれいに見えました。お天気、いいかも?

d0149306_7123413.jpg
8時半、芦ノ湖へ向かう途中、雲が出てきた、、、

d0149306_7135217.jpg
それから10分後、こんなにきれいな青空が広がりました。この辺りから、常に青空になっても、雲が出てきても話題に欠かない私達(笑)

d0149306_716064.jpg
箱根湿生花園での1枚。陽が出て、こんなに影がくっきり^o^/思いの外、お気に入りの1枚になりました。

d0149306_718113.jpg
お昼を食べて、箱根の関所へ。先程の芦ノ湖を見下ろす景色ですが、、、おやおや?^^;

d0149306_7192928.jpg
チェックインを早めてお宿に着いたところ、写真だとわかりにくいですが、結構しっかり雨が降ってきました(笑)
お部屋からの1枚。

d0149306_7212769.jpg
翌日は快晴。海もきれいに見えました。雨女パワーはかなり控えめ?(笑)2日間本当に楽しく、リラックス&リフレッシュの旅でした。
[PR]
by season_air314 | 2015-03-31 07:25 | 旅行

新春@佐久

いわきから帰った翌日。今度は私の実家へ帰省しました。
弟家族とはすれ違いになってしまったし、孫達に振り回されて疲れもあったのでしょうけれど、ちゃんと準備して迎えてくれる両親。有難いなあ、と思います。

d0149306_731097.jpg
私が帰る日はこれ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆以前にもこちらに登場したと思いますが、手巻き寿司です。
実は先月末に帰った時は胃の調子が悪く全然食べられなかったんです。今回は2回分の勢いでしっかり戴きました(笑)

d0149306_734137.jpg
当然ですが、実家は落ち着きます。ぼんやりテレビの前に座ったらワグネルの皆さんが歌っていました。

d0149306_7363250.jpg
昨日のお昼に新型車輌のあさまで帰京。

d0149306_7382711.jpg
新年もしっかり仕事しよo(^▽^)oと、心に思いながら旦那様と白ビールで乾杯(^_−)−☆
現実に向かって加速しました。
[PR]
by season_air314 | 2015-01-06 07:42 | 旅行

新春@いわき

2015年になり3日が過ぎてしまいました。大晦日に演奏を終え、新年を迎えて打ち上げ、朝方帰宅して睡眠&準備で1日夕方にいわきの旦那様の実家に到着しました。

2日義父母と私達4人で初詣に行きました。
d0149306_8133314.jpg
いわきの金比羅神社。こんな石段や杉の木を見るとやはり心がぴりりとして気持ちがいいです。

d0149306_8163743.jpg
神社は10日にはお札をもらう人で賑わうらしく、3が日はわりと穏やかだそうです。確かに、混雑していないし、、、私はこんな静かなのも好きですが。
1年の無事と健康をお願いして、御朱印をいただきました。

d0149306_818255.jpg
石段脇の臘梅がつぼみをつけていました。まだまだ寒いけれど、春が近づいているのを感じます。

d0149306_8282412.jpg
近くに幼稚園があるからか、鳥居の外の斜面にこんな愉快な動物たち。何だか心が和みました。
[PR]
by season_air314 | 2015-01-04 08:22 | 旅行

夏の旅2014~7日目小樽~

いよいよ最終日。
d0149306_1211444.jpg
小樽の2日目、お部屋からの1枚。お天気がよくて何よりです。ますますこの街が好きになりました。

d0149306_1214933.jpg
北海道初の鉄道、手宮線の跡地。この線路に沿って歩くだけでワクワク♪

この日の大きな目的、小樽運河クルーズは人気ですぐには乗れず、予約をした時間まで日本銀行旧小樽支店の金融資料館でお勉強^^;
大人になってからのこういうお勉強は、結構楽しい(笑)
日本銀行の当時からの歴史や、金融の仕組みが丁寧に展示してあって、それなりに頭を使いました。自分がいかに複雑なことを避けてきたのか、とちょっと反省。

d0149306_126788.jpg
小樽運河クルーズ。倉庫街を裏側から見て、心地よい風と水の音とともに♪左手に見えるパラソルは、前の日のランチをした小樽ビールの小樽倉庫No.1。

d0149306_1271743.jpg
船は小樽湾へも少し進みます。ガイドさんの案内もとても興味深かったです。

d0149306_1283168.jpg
クルーズを終えて、小樽ワインでランチ。

d0149306_128031.jpg
旅の終わりも海の幸で締めくくり。小樽ワインをいただきながらウニのクリームパスタ。前の日にあれだけ食べたのにね(笑)

食事の後は一路、新千歳空港へ。夏の旅も終わりです。初めて訪れた北海道。また近いうちに行きたいです。
[PR]
by season_air314 | 2014-08-21 12:15 | 旅行

夏の旅2014~6日目小樽~

旅もいよいよ終盤。6、7日目は小樽で過ごしました。
d0149306_11323966.jpg
ランチに小樽ビール。小樽ビールの歴史そのものは新しいんですね。ドイツの醸造技術で作られているそうで、味もそんな感じ^^

d0149306_11325849.jpg
街にはこんな建物が沢山。明治の頃からの趣ある建物が、今はレストランになったりホテルになったりしながら、当時の空気を静かに伝えています。

d0149306_11334599.jpg
堺町通りの割と静かな方。北一硝子を初め、硝子のお店やオルゴールのお店等々。夕暮れとともに、通りの店終いはお早めのよう。昼間はお買い物やお散歩の観光客で賑わっていました。

d0149306_11352958.jpg
夜は、海の幸を堪能。旦那様が地元の方に連れて行ってもらったことがあるというお店でひっそりと^^

d0149306_11361620.jpg
美味しい日本酒も一緒に。

d0149306_11365716.jpg
いくらが大好きな私。旦那様が「絶対美味しいから」と、このために小樽に行ったようなもの。海の幸は沢山いただきましたが、このいくら丼の味は忘れません。
[PR]
by season_air314 | 2014-08-21 11:48 | 旅行

夏の旅2014~5日目札幌~

5日目の朝に行った北海道大学植物園。

d0149306_939523.jpg
初代園長の宮部金吾記念館。研究の資料や遺品、エピソードから、お人柄がしのばれます。学友の内村鑑三や新島襄との書簡も展示されていました。互いの近況を報告したり功績を讃え合ったり、気遣い合ったりということも、当時は手紙が中心だったのですね。今だと「受賞聞いたよ、おめでとう」ってメールで済んでしまうところでしょうか?驚いたのが、その友人同士の英文での手紙がかわされていたこと。前の日の伊福部氏、掛川氏といい、この方々といい、、、才能も情熱も半端無い、、、と。

d0149306_9413218.jpg
植物園内はこんな豊かな緑。雨上がりで植物が更に生き生きとしていました。表示で40分程度で回るショートコースと、1時間半くらいかけて回るじっくりコースがありました。(某旅行雑誌には所要時間40分とありました)私達はショートコースでまわったのですが、あちこちひっかかる、ひっかかる(笑)寄り道&回り道で2時間くらいかかってしまいました。

d0149306_943590.jpg
ひっかかった1つが「北方民族植物標本園」アイヌ民族の他ウィルタ、ニブフなど東アジアの北方民族が、衣食住に利用した植物が生活での用途などの表示とともに栽培&展示されていました。食料の他、染料や薬、道具の材料としての利用がとても興味深かったです。観光スポットとしての華やかさはないですが、好きな人にはたまらない空間ではないかと思います。

d0149306_9432817.jpg
日本三大がっかり、と言われる札幌時計台。向かいの撮影スポットから撮ってみましたが、木の枝に阻まれてダメでした(笑)この写真では、全く説得力がないのですが、私はがっかりなんてことはないと思います。

d0149306_944192.jpg
もともとは札幌農学校(現北海道大学)の演武場だったという、この時計台の2階。多くの学生が志をもって集っていたんだろうな、と思います。

d0149306_947649.jpg
お昼の後、さっぽろ羊ヶ丘展望台に行きました。クラーク博士の像がある高台です。さっぽろ雪まつりの資料館を見たり、足湯に浸かったり、、、きれいな空気を吸ってのんびりしました。
羊たちは絶賛お昼寝中でした(笑)
[PR]
by season_air314 | 2014-08-21 10:27 | 旅行


モナが日々感じていること、周りの出来事を口笛を吹くように綴っていきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31