風の口笛



日本フィルハーモニー交響楽団「第9交響曲」特別演奏会2015

もう3日も前になってしまいますが、今年も26日に日本フィルさんの「第九」で歌わせていただきました。

なかなか練習に参加することが叶わず、17日のマエストロ練習から本番に向けて心身のアクセルをググッと踏み込んで調整してきました。26日は満席の東京芸術劇場。

今年も振り返ると、同じ人間がしたとは思えない悲惨な事件がありました。
いつか傷つけ合わずに朋となれる日を強く信じて、この歌を捧げました。

演奏者もお客様も、あの場にいた人たちのあの時間には、悲しいものは1つもなかったと思います。こうして「第九」を演奏し、一人でも多くの人がベートーヴェンの思い描いたものに近づこうとしていったら、本当に世界を動かすような強い熱い力になるのではないか、と思いました。

数字では表せない音楽の力、人の力。

小林先生の指揮のもと、素晴らしいオーケストラの響きやソリストの方々の声の輝きに魅了されながら、、、信じて歌っていこうと思いました。
[PR]
by season_air314 | 2015-12-29 11:15 | 音楽
<< エルコスの祈り 温まる、、、 >>


モナが日々感じていること、周りの出来事を口笛を吹くように綴っていきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31