風の口笛



湖北五山

浜名湖の湖北に奈良時代から江戸時代にかけて創建されたお寺があり、浜名湖 湖北五山と言うそうです。

d0149306_134302.jpg
最初から調べていた訳ではないので五山を巡る時間は無く、一つか二つ見て帰ろう、という感じでした。この看板は摩訶耶寺の前にあったもの。

d0149306_1391354.jpg
726年に行基が開いたという県下で一番古いお寺だそうです。ひっそりとした感じではありましたが、趣のあるお寺でした。不動明王像や千手観音像の解説がカセットテープで別のレトロさも感じたりして(笑)。御朱印をいただきお庭へ。お寺の方の「よくお参りでした」というご挨拶があたたかく感じました。

d0149306_13181957.jpg
鎌倉初期の庭園だそうです。厳格な美しさでした。自分の中の余計なものが取り払われていく感じがしました。


大本山方広寺、こちらも想像を越える大きなお寺で驚きでした。
d0149306_13243999.jpg
大きな山門をくぐり、坂道を登って本堂へ。

d0149306_13262761.jpg
建物が大きくて上手にカメラに収まりませんでした。靴を脱いで中に入ると、後は渡り廊下でそれぞれの建物に通じていて拝観することが出来ました。それにしても足の裏が冷たくて、指先が麻痺してきました。

d0149306_1328542.jpg
敷地の上の方?にある舎利殿からの1枚。三重塔が夕日に映えています。重なり合うお寺の屋根も迫力がありました。

d0149306_13342673.jpg
御朱印をいただき、帰路に着きました。お寺へ続く大きな木に囲まれた並木道が好きです。ここの杉の木も多くの参拝者を見守ってきたのでしょうね。
[PR]
by season_air314 | 2011-12-30 13:38 | 旅行
<< 振り返る 浜名湖ぐるり >>


モナが日々感じていること、周りの出来事を口笛を吹くように綴っていきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31