風の口笛



弁当男子

こんな言葉が聞かれるようになってもう久しいですが、、、。

今年の春に入籍した新婚の同僚がお弁当持参。
「わあ、奥様が?」
ってすかさずチェックを受けるも
「いや、自分です」
という意外な回答。

聞けば、前の夜に作っておいて朝詰めてくるんだとか。
「オレ、結構自分でやりますね」
って、柔らかそうにきれいに焼けている卵焼きとか、確かに常日頃やっている腕だわ(笑)

職場以外でも私の周りには料理上手&料理好きな男子(おじ様含む、笑)が結構います。そういう方は食へのこだわりとか追究とかが女子より強いように思います。そういう方から教えて貰ったレシピもいくつかモナのレパートリーとして存在しますし。

仕事を終えて帰宅し、30分くらいキッチンに立つと何だかスッキリします。お料理って生産的な作業だから、作る過程や出来上がることに癒されるのかもしれません。そういう意味でも、料理を好む男性がいて不思議はないな、、、。「自分好みで自分が食べたいものを作りたい」という欲求もよくわかります。
[PR]
by season_air314 | 2011-11-19 10:21 | モナの周りの人々
<< 白菜のミルクスープ 移り変わる >>


モナが日々感じていること、周りの出来事を口笛を吹くように綴っていきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31