風の口笛



アラフォー

髪を切りに行きました。

美容院での美容師さんとの会話があまり得意ではないモナですが、今日は珍しく話してきました。
いつもお願いしている美容師さんが「僕今月アラフォーになりました。」と切り出し、、、(笑)

35歳でアラフォーってちょっと定義として私はシックリ来ないんだけど、ま、いっか。

例えば、、、
ファッションについて。
同じ服を着たら若い子には勝てない。じゃあどうしようか、って思うとやっぱりちょっと「落ち着き」をアピールしたくなる。

または
社会的な地位について。
周りから何を求められているのか、考えるようになる。

更に
「年齢に壁を作るのは若者の方だ」
相手が「アラフォー」と聞いて「あ、そうなんですか」で会話が止まってしまう。
年上の人の方が、自分が通ってきた道だからその辺、フランクに話してしまうのかも?

なんて。

以上美容師さんの話。

確かになあ、、、って思います。私もいろいろコメントしたのですが、、、。
自分の内面と外見などにギャップが生まれ、折り合いをつけようとする時期なのかもしれないです。
自分のことだけを考えていられない世代になっていくのかもしれないですね。
[PR]
by season_air314 | 2010-10-17 22:11 | モナの周りの人々
<< 鯛兜の煮付け 「もしドラ」 >>


モナが日々感じていること、周りの出来事を口笛を吹くように綴っていきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31